ジミ・ヘンドリックスの莫大な遺産、原盤権の行方

ジミ・ヘンドリックスの莫大な遺産、原盤権の行方

ジミ・ヘンドリックスの原盤権の行方

ジミ・ヘンドリックスの原盤権の行方

ジミヘンの音源の権利について、本人の遺言がないことや各所にジャム音源を残していたことなどから混乱していました。たった4年間の活動期間でしたが、その残された遺産は約100億!!

ヘンドリックスの音源の権利は、ヘンドリックスが遺言を残していないこと、マネージャーのマイケル・ジェフリーが事故死したこと、ヘンドリックスが各所にジャム音源を残していたことなどから混乱。

引用元:wikipedia

生前から混乱していた理由は?

無名時代に軽いその場のノリで、様々な契約をしていたため、生前から混乱し荒れていました。そしてジミヘンが亡くなり、その財産を受け継ぐ相続人を決める段階になって、父親アル、弟レオンのほかにも様々な人物が手をあげてきました。さらに多数の女性や、ジミヘンとの子供だという主張も出てきたのです。

無名時代のヘンドリックスは様々なレコード会社やエージェントと契約を取り交わしており(多くはその場の雰囲気に流され軽い気持ちで契約書にサインしていたらしい)、生前から権利が混乱していた。

引用元:wikipedia

ジミ・ヘンドリックスの遺族に権利がある

結局は父親がジミヘンの肖像権著作権管理会社、「エクスペリエンス・ヘンドリックス」という会社を立ち上げました。そして原盤権の権利は、最終的に裁判の末に、90年代半ばに遺族に確定されました。それは解決したのは1990年代半ばごろ。亡くなった1970年からすると実に20数年ということになります。

ヘンドリックス自身はレコードデビュー後わずか4年ほどしか活動していないにも関わらず、正規版と海賊版を含め膨大な数のレコード(CD)が市場に出回ることになった。しかし裁判の末、1990年代半ばにヘンドリックスの遺族に権利があると確定

引用元:wikipedia

ジミ・ヘンドリックスカテゴリの最新記事