ジョン・レノンの幼年期

ジョン・レノンの幼年期

ジョン・レノンの幼年期

第二次世界大戦のナチス・ドイツ

ジョン・レノンの生まれた1940年は、ナチスドイツの空襲があったリヴァプールです。父親は商船の航海中で不在のまま世に誕生した。

1940年10月9日18時30分、第二次世界大戦のナチス・ドイツによる空襲下に置かれたリヴァプールで誕生。出生時、アイルランド系の父・アルフレッド・レノン(1912 – 1976)は商船の乗組員として航海中で不在。

母親の姉夫婦に育てられる

母親が父親とは別の男性と同棲していたため、叔母のメアリーに育てられる。

母・ジュリア(1914 – 1958)も他の男性と同棲していたので、母親の姉で「ミミ伯母」と呼ばれた中流階級のメアリー(1903〜91)夫婦に育てられる。ミドルネーム(ウィンストン)は当時のイギリスの首相のウィンストン・チャーチルに因む。

ビートルズ他メンバーと違う

育ての親(叔母)が中流階級の家庭で、ビートルズ他メンバーとは少し違う。

ジョン・レノンは、伯母夫妻が中流家庭であった。ビートルズの他の3人のメンバーは労働者階級出身である。1946年、父・アルフレッドが帰国し、父親に引き取られ数週間一緒に暮らしたが母・ジュリアがジョンを連れ戻す。しかし母と暮らすことはできず、再びミミ夫妻に育てられる。父は蒸発した。

ジョン・レノンカテゴリの最新記事