ジョン・ライドンの出生・幼少期の記憶喪失・長期入院

ジョン・ライドンの出生・幼少期の記憶喪失・長期入院

ジョン・ライドンの出生・記憶喪失・長期入院

ジョン・ライドンの出生

ロンドンで生まれ、貧しい労働者階級の家庭で育ち、激しい差別を受けていた。

ジョン・ライドンは1956年1月31日にロンドンのフィンズベリー・パークで生まれた。両親がアイルランド系の貧しい労働者階級の家庭で育ち、三人の弟と共にフィンズベリー・パークで成長した。当時のイギリスにおけるアイルランド移民は、ジャマイカ系などの黒人と同様、激しい差別を受けていた。ライドンは自伝『No Irish, No Blacks, No Dogs』で子供のころ、通学の途中に差別による投石を頻繁にうけたと語っている。

引用先:wikipedia

7歳の時に記憶喪失に

7歳の時に髄膜炎を患い、昏睡状態に陥り、後遺症で記憶喪失になった。両親すら思い出せずに、長期入院をしていた。

7歳の時に髄膜炎を患い、3か月近く昏睡状態に陥った後遺症から記憶の大部分を喪失する。意識が戻った時には両親の顔は無論、自分の名前すら思い出せない状態だったため、医師の勧めで脳の機能を回復させるための刺激療法を受けることになり、髄膜炎治療の入院に1年、周囲との隔たりを埋めていくのに3年もの時間を費やした。

引用先:wikipedia

ジョンライドンはいじめられっ子だった

記憶喪失・長期入院が原因でいじめられていた。その後に母親の熱心な教育で、人並み以上のレベルまで取り戻す。

それが原因で小学生のころはいじめられっ子であった。何もかも一からやり直しの状態であったが、母親の熱心な教育のおかげで人並み以上のレベルまで取り戻すことができた。彼はこの病気の過去を「“ロットン”への道を歩み始める第一歩」と語っている。なお、この病の影響で20歳代に10cm以上身長が伸びた。

引用先:wikipedia

ジョン・ライドンカテゴリの最新記事