カート・コバーンの生い立ち・幼年期・学生時代

カート・コバーンの生い立ち・幼年期・学生時代

カート・コバーンの生い立ち・幼年期・学生時代

カート・コバーンの生い立ち・幼年期

ビートルズが大好きで絵の上手な少年だった。両親の離婚に精神的ショックを受け、内向的な引きこもり少年になった。

1967年2月20日、アイルランド及びフランス系の自動車整備工ドナルド・リーランド・コバーンと、イングランド及びドイツ系のウェイトレスのウェンディ・フレイデンバーグ夫妻の間に誕生。ビートルズが大好きで、絵の上手な子供だったという。幸せな幼年期を送っていたが、1975年に両親が離婚したことで大きな精神的衝撃を受ける。

引用元:wikipedia

トレーラーハウスで生活

父親とトレーターハウスで暮らし、ブラック・サバス、レッド・ツェッペリン、エアロスミスに強く影響される。

離婚後、最初は父の元へ引き取られる。トレーラーハウスの中で、ブラック・サバス、レッド・ツェッペリン、エアロスミスを聴いて育ち、自身の音楽に強く影響を与えた、と後に何度かインタビューで語っている。

引用元:wikipedia

カート・コバーンの学生時代

学校では友達を作らず、図書館で本を借り、それを読んで過ごしていた。パンクに興味をもち、14歳で最初のギターを手に入れた。

ハイスクール在学中、パンクバンド、メルヴィンズのリーダー、バズ・オズボーンと出会う。バズ・オズボーンから貰ったテープを聴き、パンク・ロックに興味を抱き音楽を始める。最初のギターは14歳の時に質屋で買ったもので、当初はAC/DCやレッド・ツェッペリンなどの曲を練習していた。

引用元:wikipedia

カート・コバーンカテゴリの最新記事