「シナリオは繰り返す。言葉によるコミュニケーションは出尽くした。テレビのコメディも、俺達の会話も台本に過ぎない」カート・コバーン

「シナリオは繰り返す。言葉によるコミュニケーションは出尽くした。テレビのコメディも、俺達の会話も台本に過ぎない」カート・コバーン

カート・コバーン名言

シナリオは繰り返す。言葉によるコミュニケーションは出尽くした。テレビのコメディも、俺達の会話も台本に過ぎない

「シナリオは繰り返す。言葉によるコミュニケーションは出尽くした。テレビのコメディも、俺達の会話も台本に過ぎない」カート・コバーン

#kurtcobain #nirvana #カートコバーン #パンク #ロック #パンクロック #rock #grunge #punk #punkrock

カート・コバーンの人物像

アルバム『ネヴァーマインド』の成功後も音楽業界の商業主義やマスメディアの誇張報道などに反発し、社会に求められた偶像としてではなく、ありのままの自分を常に表現するスタンスを保ち続けた姿勢は、「グランジの精神」として後進に強い影響を与えた。グランジのパイオニアとも言えるが、自身は双極性障害と薬物により苦しむ。

カート・コバーンの音楽的嗜好

少年ナイフやボアダムズなど、日本人アーティストとも全英ツアーで共演している。グランジ以外の音楽もビートルズやピストルズなど、幅広く好んで聴いていた。

特に好きなアーティストにピクシーズ、メルヴィンズ、ソニック・ユース、マッドハニー、サウンドガーデンなどのグランジバンド以外にも、ビートルズ、レッド・ツェッペリン、初期のエアロスミス、キッス、エコー&ザ・バニーメン、ブラック・サバス、クイーン、AC/DC、セックス・ピストルズ、ブラック・フラッグ、R.E.M.、ティーンエイジ・ファンクラブ、ヴァセリンズなどのロックバンドを挙げている。彼が好んで聴いていた数々のバンドの曲が話題になり、例としてヴァセリンズやミート・パペッツはバンド・作品ともに注目されることになり、ライブでも共演を果たしている。日本のバンドでは少年ナイフ・ボアダムスを評価しており、全英ツアーで共演もしている。

引用元:wikipedia

カート・コバーンの一番好きなアルバム

一番好きなアルバムにはイギー&ストゥージスの「ロー・パワー」(邦題:淫力魔人)を挙げた。特にR.E.M.は「一度でいいからR.E.M.みたいな曲を書いてみたい」と言わせるほどだった。また、キッスのポスターを部屋に飾っていた時期もあり、キッスの楽曲「Do You Love Me」をライブでカヴァーしたこともある。

引用元:wikipedia

カート・コバーンのファッション

彼が穿いていたボロボロになったジーンズに古着のネルシャツ・緑のカーディガンなどはニルヴァーナや音楽のジャンルとしてのグランジを好きな層以外からも、当時の流行としてグランジ(薄汚れた)と呼ばれる新しいファッションの定義として生まれた。「グランジ・イズ・デッド」と書かれたTシャツや、ダニエル・ジョンストンのイラストがプリントされたTシャツは、彼が着ていたということで有名になる。

引用元:wikipedia

カート・コバーンカテゴリの最新記事